引越しに伴う区役所への届出について

0

Posted by admin | Posted in 引っ越しについて | Posted on 31-07-2014

現在お住まいの家や地域から引越しをする場合、区役所ではいろいろな手続きが必要となります。
一つ目は「転出届」といった住所を移すための届出です。
二つ目は「国民健康保険」で地域によっても保険料が異なるので保険証を返納する必要があります。
三つめは「印鑑登録の廃止」で転出届を出したと同時に抹消されることも多いため、手続きが不要な場合があります。
結婚や離婚などで住所が変更する場合の婚姻届けや離婚届は転出届の提出時ではなく、転入届とともに提出すれば手続きもスムーズになります。
他には老齢年金、児童手当、乳児医療、老人医療などを受けている場合は届出が必要です。
転出届は現住所から市区町村を出る場合に提出となります。
無事に提出をし終え、何の問題もなければ役所窓口にて「転出証明書」が発行されます。
発行された転出証明書は引越し後に行う転入届の手続きで必ず必要になるので無くさず大切に保管しておきましょう。
また、同じ市区町村内での引越しの場合は「転居届」を提出します。
転居届は引越し後の手続きとなるので、間違えないようにしましょう。
転出届を出す時期は役所によって異なりますのでトラブルを避けるためにも、役所に予め電話で確認しておく方が良いでしょう。
引越しが決まってからなるべく早くに提出するようにすればおおかた問題はありません。
急な引越しやなどで時間がなく、転出届を提出できなかった場合は転居後2週間以内に手続し、転出証明書を発行してもらいましょう。
転入届の期限も2週間以内と義務付けられています。

引越しにおける手続きで忘れてはいけないこと

0

Posted by admin | Posted in 引っ越しについて | Posted on 30-07-2014

引越し作業は、時間と労力を要しますのでなかなか大変です。忙しい中でついつい忘れてしまいがちですが、じつはさまざまな手続きが必要になりますので気をつけましょう。まずは、住民票の異動です。現在の住まいの役所には、転出届を出します。転居先の役所には、転入届を出します。後回しにしてしまいがちな処理ですが、忘れずに行うようにしましょう。また、転居先の水道局、ガス会社、電力会社への連絡も必要です。うっかりこれを忘れてしまうと、引っ越してから電気がつかない、水が出ない、なんてことになってしまいますので、気をつけるようにしましょう。郵便の転送手続きも、忘れがちですがとても大事なことです。旧住所に届いてしまう郵便物でも、一年間は新しい住所へ送ってもらうことができます。クレジットカード会社や銀行などへの住所変更を忘れてしまっていても、一年間は郵便物が届くので安心です。どんなに遅くともこの一年間の間に、各住所変更の手続きを忘れずに行うようにしましょう。勤務先への引越しの報告も必要ですし、お子様がいる場合には転校も発生するでしょう。さまざまな証明書が必要になりますので、直前で慌てることのないように、余裕を持って用意しておくようにしたいですね。固定電話やインターネットを利用している場合には、それらも変更の処理が発生しますので気をつけましょう。このように、引越しにはさまざまな処理が必要になりますので、忘れずに行いましょう。

引越した先での隣近所への挨拶のタイミング

0

Posted by admin | Posted in 引っ越しについて | Posted on 29-07-2014

戸建であろうがマンションであろうが、引越しをしたら、特に新たな転居先での挨拶は欠かせません。というのは、以後一定の期間そこに住むという事は、何らかの形で隣近所とは、必ずお付き合いしなけらばならないからです。現代いくら共同体が崩れてきているとはいえ、大都市ですら、マンションの理事会また町内会でのつながりを持っている所がほとんどです。特に今後大地震が来ると予想される首都圏においては、こうした隣近所とのつながりや協力体制が、被害の大小を決めると言っても過言ではないのです。さて引越しをすると、大型トラックが到着して荷物の搬入が始まりますから、新たな住人が来たことは、大抵その付近の住人には分かってしまうものです。引越しをする当人は、忙しい思いをしていますが、引越しの様子は、思わぬところで案外見られているものです。場合によっては、買い物帰りでバッタリと近所の人と遭遇することもありますから、荷物の片付けの最中でも、会釈くらいはすべきでしょう。ちゃんとした近所への挨拶は、荷物の整理で忙しいでしょうが、少なくとも数日中に行うのが適当です。また近所の多くは、日中出勤して誰もいなかったり、出掛けていることも少なくないので、夕方から夜間、あまり遅くなりすぎない時間に顔を出すとよいでしょう。その際、ちょっとした粗品を持参すると、会話の潤滑油にもなりますから、できれば引越し前に、いくつかを用意しておくと便利です。熨斗に名前を書いておけば、名前も覚えてもらえるのでよりよいでしょう。